中古マンション リノベーションマンション

マンション購入時にかかる税金とは?

マンションの税金

マンションの購入時には様々な税金の支払い義務が発生します。消費税を始めとする普段聞き慣れたものから、登録免許税や不動産取得税といった不動産固有の税金まで多種多様です。今回はそんなマンション購入にかかる税金を、購入の流れに沿って解説します。

売買契約時

消費税
マンションの購入時にも消費税がかかります。ここで、注意すべき点が2つあります。

(1)一般の個人から購入する場合はかからない
消費税は「事業者」から購入する場合のみかかります。ここで言う「事業者」とは法人や個人事業主を指します。なので、サラリーマンなど一般の個人から直接マンションを購入する場合は消費税はかかりません。

(2)消費税は土地にはかからない
通常マンションの価格は土地代と建物代で構成されています。消費税はその内建物代金にのみかかります。

  ◯マンション購入にかかる消費税=(土地代+建物代)×消費税率
  ×マンション購入にかかる消費税=建物代×少税率

印紙税
売買契約書や金銭消費貸借契約書に必要な税金です。取引金額に応じた金額の印紙を購入し、契約書に貼って消印をする形で納めます。

※平成26年印紙税一覧

登記時

登録免許税

マンションを購入した後、そのままではマンションの所有者が誰から誰に変更したのかは当事者にしかわかりません。公に自分が所有者であることを宣言するために、登記が必要になります。この登記をする際に必要になるのが登録免許税です。

登録免許税の金額は以下のように決まります。税率は新築なのか中古なのかといった登記の内容によって変化します。

登録免許税額=固定資産時評価額×税率

※登録免許税の税額表

購入後

不動産取得税

不動産取得税は、マンションを取得した際、有償・無償に関わらず課税される税金です。特徴として、取得してから数ヶ月後に納税通知書が届く点があります。事前に準備しておかないと、思わぬ出費で家計を圧迫する危険性があるので注意が必要です。また、納付先は各都道府県になります。そのため税額は各都道府県の取り決めを確認する必要があります。

不動産取得税=固定資産税評価額×税率

※不動産取得税の概要(東京都)

背景破線

条件を指定して物件を探す

以下ご希望の条件を選択して
物件検索ボタンを押して下さい

駅選択

市区選択


賃料

価格

駅歩分

築年数

面積