中古マンション リノベーションマンション

ご購入後の保証で安心を その1

ふたつの保証をお付けします!
住宅購入を検討される際に、新築のみを検討される方が一定数います。
これは中古であるがために「物件に隠れた不具合があるのではないか」「新築と違ってアフターフォローが受けられるか心配」ということがあるようです。
国の住宅政策は人口構成の変化から、新築重視のスクラップ&ビルド型から、ストック型へのシフトを行っています。
これまでに作られてきた豊富なストックに必要な手直しを加えて、再度流通させるために、様々な手段を講じています。その一つが、中古住宅かし保険です。

中古住宅かし保険
これは住宅の検査と保証がセットになった保険制度です。
まず、売買対象となる物件について、第三者機関の検査を受けます。
検査項目は
  1. ①構造耐力上主要な部分に係るもの
  2. ②雨水の侵入を防止する部分に係るもの
  3. ③給排水管路に係るもの
の三点です。
特に①ではマンション全体の基礎、柱や梁、外壁やバルコニーといったものを計測、打診、目視で検査を行います。今問題となっているマンションの傾きや柱のひびなどがあった場合には、その物件は付保不可ということになります。
上記検査をクリアした物件については、保証に対する保険が付保できるようになります。通常、売主が不動産業者である場合、建物の瑕疵に対して、最低二年間の保証を付けます。売買時点ではわからなかった建物の瑕疵については原因が売主になくても保証の義務を負うということになります。こうした保証が発生した場合に、この保険に加入していれば、買主の損害に対応するための保険金がおり、買主に十分な対応をすることが可能になり、安心してお買い求めいただける!という仕組みです。
ACSではお客様の安心のため、2014年の3月に制度開始とともに、業界でいち早くこの保険の付保を始めました。
次回は、内装・住宅設備の保証についてご説明させていただきます。
(2015.11.7 文:黒須)
背景破線

条件を指定して物件を探す

以下ご希望の条件を選択して
物件検索ボタンを押して下さい

駅選択

市区選択


賃料

価格

駅歩分

築年数

面積