中古マンション リノベーションマンション

キッチンシンク「人工大理石」採用のワケ

◯キッチンはステンレス?人工大理石?
キッチンの天板にはいろいろ種類があります。「ステンレス」「大理石」「人工大理石」「クォーツ」など。ACS物件のキッチン天板はコストとグレード感から考えて人工大理石製を採用しています。

さらにキッチンシンク(流し)にも人工大理石を採用しています。以前はシンクといえばステンレスが一般的でした。
 
ステンレスシンクのお悩みといえば「もらいサビ」「水あか」「へこみ」などがあります。
英語にすると「stainless steel」ですから「ステンレスはさびない!」というのが通説になっています。
実際にはステンレス自体がさびるケースはかなり低いようですが、アルミ缶などをステンレスの流しに放置すると
アルミ缶から鉄分が溶け出して固まる「もらいサビ」という現象がおきます。
 
またステンレスシンクは水道水に含まれるカルシウムやミネラルが固まり、白く濁ったように見えてしまうこともあります。
 
いずれもお手入れの方法があるようですが、なかなか苦戦している方が多いようです。
 
◯人工大理石シンクのメリットは「見た目の美しさ」と「手入れのラクさ」
人工大理石シンクの最大のメリットは「見た目の美しさ」です!
ステンレスと違い、色もつけられるため、インテリアにあった色が選択できます。
当社の明るくクリアなインテリアには、白いシンクが映えて、キッチンも明るくなります!
 
汚れに関しては、ステンレス・人工大理石、それぞれに弱い種類の汚れがあるようです。
が、人工大理石だと天板と一体成型で隙間がなく、汚れがたまりにくい。水垢はつきにくい。
などのメリットがあります。
 
◯やっぱり「こまめなお手入れ」は大事!
とはいえ、もちろん万能ではなく、下記の様な注意点があります。
・たわしや磨き粉を使うと目立つキズになってしまう。布やスポンジでのお手入れが基本!
・熱い鍋を置く場合は直接置かず、鍋敷きの上に!
・包丁などとがったものや、重い物を落とすのはキケン!
 
せっかくの新居ですので、やはりこまめにお手入れをして、長く使っていただきたいと思います。
 
(文:黒須徹弥 2015.5.19)
背景破線

条件を指定して物件を探す

以下ご希望の条件を選択して
物件検索ボタンを押して下さい

駅選択

市区選択


賃料

価格

駅歩分

築年数

面積