中古マンション リノベーションマンション

リノベーションとは


マンションの購入を考えている方にとって、「リノベーションマンション」「リノベーション住宅」という言葉を耳にすることが多くなってきたかと思います。

そもそも、「リノベーション」とはなんでしょう?

リノベーションの英語の意味を調べると、「Renovation = 革新、刷新、修復」とあります。
中古マンションの「リノベーション」の意味も、この英語の意味に由来しています。
ですが、従来より耳にする「リフォーム」とはどこが違うのでしょう?

 

リフォームとの違いは

リフォームとは、一般的な修繕を意味します。賃貸マンションの畳の表替え、壁紙の張替えなど、「劣化したものを元に戻す」という意味合いが強いですね。現状復帰のニュアンスがあります。

フルリフォームは、キッチンやトイレ、お風呂などの水まわりまで、全て新しいものに交換します。
この言葉も定義はあいまいですが、給水管・配水管、給湯器など、普段の生活では目に見えない住宅設備も交換する場合があります。

室内の壁などもはがし、すべて解体してコンクリートだけの「スケルトン」の状態にもどし、一からすべてリフォームをする、ということもフルリフォームと呼ばれています。

では、この一から作り直したフルリフォームとリノベーションの違いとはなんでしょうか。

 

あらためて、リノベーションとは

リノベーションとは、「価値を高める」「最新の設備を用いる」「ライフスタイルにあったお部屋を作る」などの要素を付加させたフルリフォーム、と言えるでしょう。

例えば、「何もしない状態で2000万円の価値がある中古マンションに500万円をかけてリノベーションし、2700万円で売ることができた」というケースの場合、200万円分の価値が上がったことになりますね。不動産なので価値が上がるケースばかりではありませんが、リノベーションをかけて付加価値を付けて販売する人も増えてきています。

また、既存のマンションに比べて、ファミリー向け、DINKS向け、単身向け、などのライフスタイルを考慮されたリノベーションマンションも多くなってきた印象があります。

 

リノベーションマンションはお得?

中古マンションの場合、自分でリフォームをすると、建物代金以外に別枠でローンを組まなくてはいけません。昨今のリフォーム・リノベーションブームで、様々なリフォームローン商品を各銀行が取り扱い始めましたが、利子が高い傾向にあるようです。

リノベーション済みのマンションなら住宅ローンのみです。ローンを長く組まれる場合はリノベーション済みのマンションを買うほうがお得と言えます。

また、自分で工務店を探して改築するとなると、単発の発注なので工事費が高くなる場合があります。リノベーションマンションを扱っている不動産は発注量もそれなりにあるので、安い単価で工事ができます。リノベーション物件の販売会社から購入したり、リフォームの相談をするのも良いでしょう。

 

リノベーションマンションはどんな人が買っているの?

場所が気に入っているけど、地価が高いな~。
中古マンションをリノベーション。最新設備で好みの住環境に安く住める!コスパユーザー。

新築に住みたいけどはなかなか手が出せない、でも良い部屋に住みたい!
マンション外観は中古だけど、リノベで室内は新築マンションさながら。最新設備で住みたいユーザー。

自分好みの部屋に住みたい!
リノベーション物件を販売している会社に好みを伝える。デザインにこだわりたいユーザー。

 

リノベーションとは、まとめ

  • リノベーションとは、「価値を高めたフルリフォーム」!
  • リノベーションされた中古マンションは資産価値が上がる場合がある!
  • 中古マンションに最新設備で安く住みたい、という人にオススメ!

背景破線

条件を指定して物件を探す

以下ご希望の条件を選択して
物件検索ボタンを押して下さい

駅選択


市区選択


賃料

価格

駅歩分

築年数

面積

Fudousan Plugin Ver.1.7.11