中古マンション リノベーションマンション

売主物件とは

売主物件とは、文字通り、売主が直接販売している物件のことです。不動産業を営む「宅地建物取引業者」が売主をしている場合もありますし、個人や法人が売主になっている場合もあります。

通常の物件購入の場合

売主物件を直接売買するのでなければ、通常は「不動産仲介業者」に物件を探してもらいます。(下図参照)

通常の物件購入の場合の図

不動産仲介業者を利用するメリット

不動産仲介業者を利用する最大のメリットは、希望に合う物件を探して紹介してくれるというところです。
「○○駅から徒歩○分くらいで、○○円くらいの物件が欲しいなあ」と伝えれば、その条件に見合う物件を探してきてくれます。また、買主の代わりに売主と交渉をしてくれます。不動産仲介業者は不動産の知識が豊富ですから、売主と対等な立場で交渉を行うことができるというわけです。

売主物件を直接購入するメリット

では売主物件を購入するメリットはなんでしょうか?それはズバリ、「仲介手数料がかからない」ということです。間に入る人が誰もいないのですから、手数料がかからず購入できます。

売主物件を直接購入するメリット

マンションの価格と仲介手数料

一般的な仲介手数料の相場は、「物件の価格×3%+6万円+消費税」です。たとえば、3000万円の中古マンションを仲介経由で購入する場合、物件価格以外に、

(3000万円×3%+6万円)×1.08(←消費税分)=103万6千8百円

の仲介手数料が必要になります。3000万円のマンションの価格に比べれば、100万円くらいは大したこと無い金額に思われるかも知れませんが、100万円あれば家具や家電を新調、引越し費用への補填など、いろいろな用途に使えますね。

2000万円 の場合 = 712,800円
3000万円 の場合 = 1,036,800円
4000万円 の場合 = 1,360,800円
5000万円 の場合 = 1,684,800円

仲介経由と直接売買、結局どちらが良い?

不動産仲介業者を通して買う場合は、ローンも含めて不動産仲介業者がいろいろと対応してくれます。売主との交渉もしてくれるでしょう。時間があまり取れない方や、プロにお任せしたいという方は、不動産仲介業者にお任せしたほうが面倒が少なくスムーズに購入できるでしょう。

売主物件を直接買う場合は、自分で調査や対応をする必要があります。たとえば、ローンの申請なども、自分で銀行に行って直接申請していただくケースがあります。その代わり仲介手数料がかからないメリットがあります。

ローンの申請や売主との対応などを億劫に感じない方、自分で調べて自分でやりたい!という方、1円でも安く買いたい、という方には売主物件をオススメします!

アート・クラフト・サイエンスの売主物件はこちら

条件を指定して物件を探す

以下ご希望の条件を選択して
物件検索ボタンを押して下さい

駅選択


市区選択


賃料

価格

駅歩分

築年数

面積

Fudousan Plugin Ver.1.7.11